便秘の種類

3タイプの便秘のそれぞれの対処法は?

便秘には大きく分けて以下のように3つの種類があります。

 

・弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)
・けいれん性便秘(けいれんせいべんぴ)
・直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)

 

それぞれの種類によって便秘の質や症状が違っており、またその便秘になりやすい人や特徴もすべて違ってきます。
便秘の3つの種類の特徴を知り、自分が悩んでいる便秘はどのタイプの便秘なのかを理解する事で改善方法や対策がわかります。
まずは自分がどのタイプに当てはまるのか?
それぞれの特徴を理解する事で正しい対処方法や改善方法がわかります。
もしも自分の便秘のタイプを勘違いして、間違った改善方法を行ってしまった場合はかえって便秘の症状を悪化させてしまう事があります。
正しい知識を身につけて自分の症状を理解しましょう。

便秘の種類記事一覧

弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)

弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)とは、体内の腸の動きが悪くなる事で起きてしまう便秘です。腸管への刺激が不足する事で、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が低下してしまう事で起きる便秘の症状です。腸の蠕動運動が低下すると、腸内の内容物が肛門の方向に移動するスピードが遅くなります。そうなると内容物が必要以上に...

≫続きを読む

 

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)とは、腸が必要以上に痙攣性の収縮を繰り返す事で起きてしまう便秘の症状です。腸内にこの痙攣性の収縮が起こる事で腸管内膜が狭まってしまいます。腸管内膜が狭まってしまう事により腸の内容物の移動に時間がかかり、内容物に含まれる水分が必要以上に腸に吸収されてしまいます。その結果...

≫続きを読む

 

直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)

直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)とは、肛門の筋肉の動きがうまく働かない事で起こってしまう症状です。通常であれば直腸内に便がたまれば、直腸内圧が上がる事で自然に便意が生じ排便する事ができます。ところが直腸性便秘の場合は、直腸内圧に対する感度が低下し直腸反射が鈍くなってしまい便が大腸内に長時間留まっ...

≫続きを読む