弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)

弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)とは?

弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)とは、体内の腸の動きが悪くなる事で起きてしまう便秘です。
腸管への刺激が不足する事で、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が低下してしまう事で起きる便秘の症状です。
腸の蠕動運動が低下すると、腸内の内容物が肛門の方向に移動するスピードが遅くなります。
そうなると内容物が必要以上に大腸内に留まってしまう事になります。
内容物が長時間大腸の中を移動する事で、内容物の中に含まれる水分が過度に大腸に吸収されてしまいます。
その結果、内容物に含まれる水分が極端に少なくなる事で硬便(かたい便)になってしまいなかなか排泄しにくくなるのです。
これが弛緩性便秘の特徴になります。
便に含まれる水分量が少なくなる事により、便そのものが硬く少量になります。
便意があるのになかなか排泄できず、またお腹に張り感が出るなどの自覚症状が起こりやすくなっています。